アミノ酸シャンプーの選び方

アミノ酸シャンプーを使おうと思っても種類がたくさんあるために自分に合ったものを選ぶのも難しいものです。一般的に販売されているアミノ酸シャンプーにも「アミノ酸配合シャンプー」と書かれたものと「アミノ酸シャンプー」と2種類があります。アミノ酸配合シャンプーというのは、洗浄力の強い従来の石油系シャンプーや石鹸にアミノ酸を加えて作ったものであり、アミノ酸シャンプーはアミノ酸系の界面活性剤を主成分としています。低刺激のものを求めているならばアミノ酸シャンプーを選ぶべきです。

二つの見分け方は表示にラウリル硫酸やスルホン酸といったアルコール系シャンプーであり、ココイルグルタミン酸やココイルアラニンといったアミノ酸の洗浄剤が書かれているものがアミノ酸シャンプーです。アミノ酸は低刺激の為、洗浄力が弱いというイメージがありました。しかし最近では泡立ちがより細かくなるように作られており、頭皮の皮脂の詰まりまできちんと洗い流せるシャンプーもでてきました。広がりやすく、ごわつきが気になる髪質の人でも安心して使うことが出来るようになり、髪のダメージを補修する効果もあるので長く継続して使うことが大事です。

関連資料・・・守り髪
アミノ系洗浄成分のノンシリコンシャンプーを販売しているサイトです。

しかし、いくら髪に優しいシャンプーを使っていても、その前後のケアがお座なりになってしまうと効果は半減してしまいます。より効果を実感する為にも、洗浄前のブラッシング、洗い終わった後のタオルドライ、そしてドライヤー乾燥などはしっかりと行うようにしましょう。

 

アミノ酸シャンプーとは

アミノ酸シャンプーというのは、話題になっているノンシリコンシャンプーの一つであり、同じく話題になっているオーガニックシャンプーの一つでもあります。シャンプーには洗浄成分が含まれており、アミノ酸シャンプーは名前の通りアミノ酸系の成分を使用して作られています。アミノ酸を使用することで刺激が少ないので肌が弱くて頭皮が炎症を起こしやすい人や、抜け毛や薄毛に悩んでいる人に良いとされています。

アミノ酸というのは私たちの体に必要なものでタンパク質からできています。私たちの体を作る大事な栄養分であり、水分を除けば体のほとんどはタンパク質からできていると言えるくらい体にとっては大事なものです。現在、天然のアミノ酸は500種類あると言われています。その中で私たちの体を作っているものが20種類あり、さらに体内で合成できるのが10種類と言われています。残りの10種類は体内で作れないため食事で補給する必要があるとされており、アミノ酸シャンプーやコンディショナーを使うことで補給の一助にもなると考えられています。

このように、私たちの体に必要なものである成分を用いて作っているものですから、アミノ酸シャンプーを使うことは体に良いことであると考えられます。

シャンプー選びの難しさ

最近は若いうちから薄毛に悩んでいる人も多くなっています。もともとは遺伝で髪の毛が薄くなると思われていましたが、最近では食生活の洋風化による脂っぽい食事が増えたことや野菜不足、ストレスや不規則な生活が原因となって頭皮や髪の毛に悪影響が出るため、それを解消するためのシャンプーが販売されているのです。また、髪の毛のカラーリングの色をキープするためのものや、パーマを維持するためのものなど、髪質や髪の状態に応じて使い分けられるようにたくさんの種類のものが販売されています。

それ以外にも、健康志向や自然志向が出てきたことでシャンプーの成分についても様々なものが販売されるようになっています。この違いによってもたくさんの種類のものが作られているので、商品の種類についても価格についても様々なシャンプーがあるので、いざ買おうとするとどれを買えば良いのかがわからないという人も多いものです。

最近ではアミノ酸のものが良い、とかノンシリコンのものが良い、といったことをいう人も多いですし、逆に化学的なシリコンを配合をするものは悪いといったことが言われるようになっています。しかし、具体的になぜ悪いとか、どのような人に悪いのかということはきちんと知られていませんし、わかって使い分けているという人は少ないものです。そこで、ここでは今注目を集めているアミノ酸シャンプーがどのようなもので、どういった人に向いているのかということを紹介して行きます。